すそわきがって何?効果的な対策方法はあるの?

 

簡単にいうと、脇が臭い代名詞「ワキガ」のデリケートゾーンバージョンが、「すそわきが」です。

 

 

人間って、汗を出す腺を2つ持ってるんですよね。

 

  • エクリン腺(体中に張り巡らされている汗腺)
  • アポクリン腺(特定の部位にのみある汗腺)

 

このうち、アポクリン汗腺から出る汗は、アンモニアやタンパク質、脂肪などあらゆる成分が含まれています。

 

この汗を皮膚の常在菌が分解すると独特の臭いにおいを出すんですよね。

 

で、このアポクリン汗腺は脇やデリケートゾーンなど特定の部位にしかありません。(ちなみに、乳首周辺が臭い場合はチチガと呼ばれます。)

 

また、汗腺の有無や量などは遺伝によって決まってきます。

 

このアポクリン汗腺が多くある人はにおいを発しやすい環境ということになりますね。

 

 

すそわきがの判断と対策

 

においというのは自分では分かりづらいんですよね。いつも嗅いでいると分からなくなるから・・・。

 

だから家族全員がワキガという家庭だと誰も気づいていない可能性があります。

 

こうなると、そもそも対策のしようがありません・・・。なのでまずはセルフチェックを。

 

下記に当てはまる人はすそわきがの可能性を秘めています。

 

  • 耳垢が湿っている
  • ワキガである(家族のだれか一人でも)
  • トイレやお風呂など、下着を脱いだ時に嫌なにおいがする
  • 下着に黄色っぽいしみがある

 

 

基本、すそわきがの人はワキガを併発している可能性は高いですが、そうではない人もいます。

 

例えばアポクリン汗腺がデリケートゾーンに集中している人なんかは、すそわきがのみという場合もあります。

 

あとアポクリン汗腺が有ったとしても少ない人は軽いわけなんです。

 

ただデリケートゾーンのケアが間違っていたり、しっかり対策していない場合は、本来におわないほどの軽いすそわきがなのに、すごい悪臭を放っている可能性も十分にあるわけです。

 

 

また重度の人は対策として手術などが視野に入ってくると思います。

 

ただ汗腺が復活してしまう場合もあるそうなので、まずはしっかりと効果のあるケアをしてみてからダメなら別の方法を考えるというのも手です。

 

というのも、自分が「どの程度のレベルなのか?」がわかりづらいからなんですよね。

 

結局は、日常生活で気にされないにおいレベルに持っていければいいわけですからね。

 

 

具体的なすそわきがの対策方法

 

デリケートゾーンを清潔に
清潔にすると言っても、ゴシゴシ洗ったりするのは逆効果。
デリケートゾーンは自己洗浄機能が備わっていて、適切なphに保たれています。
これをあまりに強く洗い流してしまうと逆に環境が乱れて、その時はにおいが消えても、長い目で見れば悪化していきます。

 

食生活に気を付ける
やっぱり動物性のタンパク質とか強い香辛料を多く食べるとアポクリン汗腺からの汗を誘発してしまうので、ほどほどにした方がいいですね。
むしろお野菜や果物などをメインにするのがおすすめです。

 

 

この2つがメインの対策ですが、やっぱりデリケートゾーンのケアが一番大切だと思ってます。
普通のボディソープではなく、すそわきが対策専用のものを使うのはマストです。洗い方も根本的に違いますからね。

 

すそわきがのみならオイルタイプのピーチジョンの「デリケートウォッシュオイル」

 

 

 

 

 

 

全身いいにおいに包まれたいという方は、「シェリノア」をおすすめします。

 

すそわきがの人はワキガ、チチガも持っている可能性を秘めているので、最初に試すならシェリノアをおすすめしたいです。わたしも今はシェリノアを使ってます。

 

あとクリームを塗ったりする対策方法もありますが、これは日々のお手入れにプラスして併用するものと考えた方がいいですね。

 

すそわきがで悩まれている方は、まずは歯磨きをするように、毎日のケアを試してみてください。

 

わたしのすそわきが対策方法はこちらに詳しく書いてありますので、よければ参考にしてくださいね。