すそわきがはうつるの?遺伝だから家族全員くさい?

 

すそわきがはほかの人にうつると、都市伝説のように聞いたことはありませんか?

 

実際はうつることはないんですが、匂いがついてしまうことはありますよね。

 

洗えば問題ないんですが、強いにおいの場合は数日は残ってしまうかもしれません。

 

それが「うつる」と言われる理由なのかもしれません。

 

一安心してもらったところで、遺伝について考えていきたいと思います。」

 

 

すそわきがは遺伝するの?

 

家族にわきがの人がいると、家族全員がワキガの可能性があるとよく聞きますよね?

 

では、すそわきがの場合はどうなのでしょうか?

 

結論から言うと、すそわきがも遺伝します。

 

正確には、アポクリン汗腺の量などが遺伝するという形でしょうか。

 

最近の研究では、すそわきがは劣性遺伝ではなく、優性遺伝するといわれています。

 

遺伝についての詳しい話は後述しますね。

 

 

汗腺の種類がポイント

汗腺はエクリン汗腺とエポクリン汗腺の2種類があります。

 

体温調節のために使われるのが、エクリン汗腺で体中に張り巡らされていますが、99%水分からなるサラッとした汗です。

 

対して、エポクリン汗腺は、脇やデリケートゾーンなど特定の部位にしかありません。

 

また水分は70%ほどで残りは皮脂や栄養豊富な成分で構成されていて、ネトっとした汗です。

 

よく「うわっ汗くさっ!」ってなりますが、実は汗自体は臭くないんですよね。

 

汗を栄養として雑菌が繁殖するためにニオイを発するわけです。

 

特にエポクリン汗腺から出る汗は栄養たっぷりなので、独特のにおいが出てくるんですよね。

 

すそわきがなんかは、股間なので対策していないと特ににおいがきつくなりがちです。

 

さて、話を遺伝に戻しますね。

 

エクリン汗腺は優性遺伝しないので、特に親に似るということはありません。

 

遺伝としてポイントとなるのは、「アポクリン汗腺の数」になるんですよね。

 

少し難しい話になってしまいますが、例を挙げて説明しますね。

 

たくさんのアポクリン腺を持つすそわきが体質のお父さんの遺伝子を「FF」とします。

 

すそわきが体質ではないお母さんの遺伝子を「MM」とします。

 

二人の間にできた子供には「FM」が受け継がれることになりますよね。

 

FMとなった場合、「F」が現れる確率が高くなるんです。これが優性遺伝。

 

だから、すそわきが体質が受け継がれる可能性が高くなるというわけです。

 

さらに、両親ともにすそわきがだった場合、子供にその体質が受け継がれる割合、なんと70〜90%!と言われています。

 

日本人は欧米人に比べて、すそわきがの割合は10%程度なので、余計ににおいに敏感になってしまうんですよね。

 

すそわきがの親から子への遺伝に対して、有効な対策はありません。

 

もし家族にすそわきがの人がいるようなら、早めに毎日のケアなどで対策を始めることをおすすめします。