すそわきがの手術は有効な対策になるの?ニオイが復活する?

 

自分がすそわきがだと気づいたとき、何とかしてにおいをなくす方法を考えますよね。

 

調べていくうちに、おそらく誰もが「手術」という方法にたどり着くと思います。

 

完治させようと思ったときに手術は有効な対策だといわれていますので、手術方法やリスク、効果などを見てみましょう。

 

すそわきがの手術方法

 

すそわきがの手術方法としては以下の方法があげられます。

 

皮下組織削除法
においの原因であるアポクリン腺を切除する方法です。皮膚を数センチ切開するだけでいいので、傷跡も最小限にすることができて、効果の高い手術方法です。

 

超音波吸引法
最新の超音波メスを使う方法ですね。下腹部に5ミリくらいの切りそこから超音波メスを入れて手術します。左右に開ける必要がありますが、とても小さい穴ですね。
そして、超音波によって発生する熱を利用してアポクリン汗腺を壊し、それを吸い出します。
上記の組織削除法に比べると、費用が抑えられるのが魅力なんですよね。

 

パッとみると、効果がありそうですぐにでもやりたくなりますが、もう少し待ってくださいね。

 

実はリスクもあるんですよね。

 

 

手術によるリスク

 

いろいろなデメリットがありますが、いずれも皮膚にダメージが残ることが原因で起こります。

 

皮膚切開によるダメージ
傷口ができることによって、毛が生えてこない時期があります。
一過性とは言われていますが、実はそのままずっと生えない場合もあるんですよね。
日々・・・技術は進歩していますし、周りの毛がカバーしてくれるので、さほど気にならないかもしれません。

 

皮膚の状態
手術によって、皮膚がはれたり、突っ張ったりといった違和感が出ます。これもいずれ気にならなく人もいれば、気になるという人もいると思います。
できるだけ保湿などをしっかりして、皮膚を柔らかくしてあげることも効果的になるので、手術後のケアは結構大変かもしれません。

 

アポクリン汗腺を切除しきれない
実は、ワキガの手術よりもすそわきがの手術の方が難しいといわれています。
というのも、脇の場合は確認しやすいんですが、陰部の汗腺は確認しにくいというハードルがあります。
これによって、においの原因であるアポクリン汗腺を除去しきれない場合が出てくるんです。
特に超音波を利用する場合に多く起こるそう。

 

・・・これ。結構問題ですよね。

 

せっかく完治を目的として手術をしたのに、取り残していてはまたにおいが復活してしまいます。

 

これだったら最初からやらない方がよかったと後悔してしまうかもしれません。

 

ただ、これらは、外科的なすそわきがの治療法になりますが、日々進歩しています。
最新の治療法ではメスに頼ることなくできる治療法もあるそうです。
この辺りは、お医者さんとしっかりコミュニケーションをとって、最適な方法を選ぶ必要がありますね。

 

すそわきがは相談しにくいということが最大の問題です。しかし専門医は日々そういった人たちに関わっています。
少し恥ずかしいなと思うときもあるかもしれませんが、どうしてもの場合には、信頼できるクリニックを見つけて、専門医と一緒に治していく気持ちも大事かと思います。

 

幸い、わたしの場合は手術までしなくても、なんとか毎日のケアで過ごせています。
これは自分だけの感覚ではなく、周りの反応を見ても、大丈夫だと思っています。

 

→ 具体的なすそわきがの対策方法はこちら

 

手術は当然リスクがありますので、まずは自分でできる対策からはじめてみるのもいいと思いますよ。